>
その他ページ
>
赤い羽根共同募金

 

 

 

赤い羽根共同募金

 

【令和5年度 赤い羽根共同募金運動が10月1日より始まります】(R5.9.28)
 本年度も辰野町共同募金委員会では、各区のご協力をいただき戸別募金(一戸ずつ封筒を配布する方式)で
ご協力のお願いをさせていただきます。

 辰野町として360万円の目標額を設定いたしました。
一世帯あたり600円、一事業所2,000円を目安額とさせていただきます。
皆様のご協力をお願いいたします。

 ご不明な点等は辰野町共同募金委員会事務局(辰野町社会福祉協議会内 ☎41-4500)
までお問合せください。
 

【令和5年度 安心・安全なまちづくり配分 申請様式】(R5.9.28)
 各区で防災用品などの購入にあてる事ができる「安心・安全なまちづくり配分事業」の申請様式は
 下記のURL(長野県共同募金会のページへ移動します)よりダウンロードができますので、ご活用ください。

 www.akaihane-nagano.or.jp/receive-grants/annshinn


【赤い羽根共同募金とは】
 赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の1947年(昭和20年)に、市民が主体
の取り組みとしてスタートしました。当初は戦後復興の一助として、今はさまざまな地域
福祉の課題解決に取り組む民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしや思い
やりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。赤い羽根共同募金
の運動期間は毎年10月1日~12月31日までです。
 
 
【募金の使いみち】
 辰野町の共同募金運動は、住民相互の助け合いを基調とし、地域福祉の推進を目的とし 
ています。
 誰もが地域で安心して暮らすことができるよう、地域福祉の推進を目的とした多様な活
動を財政面から支援するために活用されています。
 辰野町で集まる募金のうち、約65%が辰野町の地域福祉の推進のために活動されている
地区、地域社協や福祉団体、ボランティア団体などに助成されるなどして、活用されま 
す。残りの約35%も、長野県内の広域的な課題解決のために活用されるため、いただいた
募金はすべて自分たちの住むまち、住む地域のために使われることになります。
 

 
【募金使途の詳細について】
赤い羽根データベース はねっと」にて詳細をご確認いただけます。